【Apex】もう迷わない!戦闘中の立ち回りの考え方

2022-02-11

戦闘中何を考えていいかわからない...
戦闘中はこれらのことを意識しよう!

 

上級者を見ていて、すごいとは思うけどどうなってるかよくわからないのが立ち回り。

気が付いたら、上手な相手にきれいに射線を通されていたり、2on 1の状況を作られていたりしませんか?

ということで、今回はそんな状況を作るために考えなければいけない立ち回りについてまとめました。

まずは敵の人数と位置の把握

接敵したら、まずは敵の人数と位置を把握することに努めましょう

これがある程度わかっていないと戦闘は始められません。

具体的にわかればわかるほど良いです。

初心者パーティであるならば、より正確に知っておいた方が有利なので、ブラッドハウンドがいると良いでしょう。

 

 

なぜ、真っ先にこれらの情報を知る必要があるのでしょうか。

それは、過去に立ち回りの基本で説明した「敵の動きを予想する」に関係しています。

立ち回りを組み立てていく上で、発想の起点になるのが敵の動きということは、敵がまずどこに何人いるのかを知らなければ、立ち回りは組み立てられません。

敵の人数と位置を見誤ると思わぬところから弾が飛んできかねません。

私の価値基準で判断するならば、とりあえず敵に体当たりする人は3流、不意な攻撃に対応できるのが2流、不意な攻撃なんてものはなく、すべてを読み切るのが1流です。

 

 

敵の位置と人数を把握する方法はブラッドハウンドのスキャンだけではありません。

状況や物音でかなり把握することができます

例えば、建物内で足音がしたとしましょう。

基本的には3人一組かつバラバラに行動していることはないので、それだけで建物のどこかの階に3人いると予想できます。

多少の誤差があれど、近づけば足音がより正確に聞こえるようになるので、どこに何人いるのかわかります。

このように、戦闘を始める前準備として敵の人数と位置を把握することを意識しましょう

役割に合わせた考え方

続いて、敵の人数と位置を把握できたところでいよいよ本格的に戦闘を始めていくわけですが、3人がせーので敵に襲い掛かればよいということはありません。

キャラにはそれぞれ個性があり、それらを活かした戦い方をする必要があります

そのためにもバランスの取れた編成をあらかじめ決めておくことが重要です。

今回は、私を含めいろいろな方を参考に作った理想的な編成を元に解説していきます。

 

 

それでは、基本的な戦術について解説します。

まず、メインアタッカーが敵正面で暴れることで、敵の注意を引きます。

この間に、サブアタッカーは敵の横か後ろに回り込み、サポートはメインアタッカーを援護しつつ、敵が他にいないかを警戒します。

サブアタッカーが回り込めたら、攻撃を加えていきます。

この段階までスムーズに運べれば、敵の陣形に隙ができます。

その隙をメインアタッカーとサポートが突くように立ち回ります。

メインアタッカーとサポートは崩れかけているとはいえ敵陣に突っ込むわけですから焦ってはいけません。

1回で決め切ろうとは思わず、何度か押し引きしても構いません。

しかし、あまり時間をかけすぎると漁夫に合う確率が上がってしまうので注意しましょう。

また、攻めきることが難しいと感じた場合は、一度しっかり後退してしまうことも重要です。

上手く隙を突き、ダウンを取ることができれば、全員で一気に距離を詰めて残りを殲滅します。

以上が基本的な戦術になります。

 

 

各役割の動きがイメージできれば、良いです。

実際はこんなにうまくいくことはまれですし、状況に応じて変化させていくことが必要です。

しかし、この基本が全員にしっかり共有されていれば、格段に連携を取りやすくなります。

各個人が自分の仕事を理解しているかいないかでは、全く動きが違いますし、ミスも起きづらくなります。

 

 

最も怖いのが、自分や味方が想定外の動きをして、隙を生んでしまうことです。

まずは、基本を頭に叩き込み、戦闘中に戦術をイメージできるように練習しましょう。

状況に合わせた戦略の考え方

戦闘が序盤なのか中盤なのか終盤なのかで大きく取れる戦略は変わってきます

また、こちらが攻めているのか攻められているのかでも取るべき戦略は変わり、室内なのか開けた場所なのかでも当然変わってきます。

このように状況というのは多岐にわたります。

ひとつひとつ説明することは大変なのでここではどんな状況でも共通して気をつけなければならない2つのことについて書いていきます。

 

 

まず1つ目は、漁夫に狙われるか否かです。

バトロワで最も気をつけなければならないことは漁夫にやられることです。

これをいかに回避して戦うことができるかが立ち回りの肝になるでしょう。

では、具体的にどう考えていくか説明していきます。

まず、マップの中央での戦闘は絶対に避けましょう

マップ中央はエリア外にいたパーティの多くが通ります。

そこで戦闘してしまうと高確率で漁夫に合います。

オリンパスで言うとタービンがそれに当たります。

次に、近くで戦闘が起こっているかどうかに注意を払いましょう。

しかし、そこに参戦すると言うわけではありません。

それでも構いませんが、漁夫られる確率は十分あります。

それより、戦闘が起こっている場所の近くにまた別の部隊がいないかを確認しましょう。

見つけることができれば、その部隊が狙い目です。

あまりにも部隊が密集していなければ、距離が近い部隊は多くて4部隊です。

そのうち2つが戦闘中になれば、残りの2部隊で戦闘になっても漁夫に会う確率はぐっと低くなります。

このように漁夫を狙いにいくのではなく、漁夫を狙っている部隊を狙うと言う戦い方ができれば、勝率も安定してくるでしょう。

 

 

二つ目は、ポジション取りに問題はないかを常に意識しておきましょう

漁夫以外にやられてしまう原因の多くはポジションが不利なことです。

例えば、エリアに追われていて逃げている先に敵がいたり、開けている場所で周りにオブジェクトが少なかったりと言った具合です。

どのポジションで戦うべきかを考えて戦えるようになればダウンすることが減ることでしょう。

では、ポジション取りで何から気をつけるべきなのでしょうか。

それはずばり、リングですね。

戦闘は出来るだけリング内で行うべきです。

戦闘に時間がかかれば、たとえ勝ったとしても漁る時間がなかったり、リング内に急いで向かってもそこで待たれたりします。

次に、大きな建物がある場所か建物がいくつか密集している場所で戦いましょう。

開けている場所での戦闘は外野からちょっかいをかけられやすいです。

最近はスナイパーを持っている人が多いため、回復のためにオブジェクト裏に隠れても反対から狙撃されることはよくあります。

つまり、エリア内の建物付近での戦闘が最も安全に戦えます。

自分たちのポジション取りには常に気を配りましょう。

 

 

これらを総合的に考えると基本はエリア内で建物付近での戦闘が望ましいと言うことがわかったでしょうか。

そして、漁夫に合わないように漁夫を狙っている敵を狙いにいくということです。

当然そんな状況ばかりではありません。

ポジション取りは常に気を張るべきですが、漁夫対策は他でもできますので下記の記事を参考にしてみてください。

Apexで強いチームが必ずやる効果的な漁夫対策

おすすめ記事

1

強いキャラを知りたい 強いのはこいつらです   始めたての初心者はどのキャラを使っていけばいいのかわからないですよね。 なので、私が個人的に強いと思うキャラをランキングにしました。 なぜそのランクなの ...

2

自分に合った感度がなかなか見つからない ならば、この設定を試してみてください!   FPSに慣れてきた人が必ずぶち当たる感度問題。 感度は詳細に設定しようと思うと複雑でよくわからないと思います。 今回 ...

3

おすすめのゲーミングヘッドセットを知りたい 私のいち押しを紹介します!   Apexなどをやっている全FPSプレイヤーが持っておかなければならないのがヘッドセット。 重要な情報の9割を音から ...

-Apex legends

Copyright© ふもブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.