リーパーの立ち回り方【オーバーウォッチ】

2019-11-13

 

リーパーの立ち回りを知りたい!
リーパーは正面から堂々と戦おう!

 

最近復帰してリーパーを使ってみたのですが、かなり強化されていて、とても驚きました。

そんなリーパーは初心者でもわかりやすく、使いやすいキャラなのでピック率が高いです。

なので、今回はリーパーの立ち回りを解説していきます。

 

それでは、見ていきましょう!

裏取りはしなくていい

 

リーパーは自タンクの横についてプレッシャーをかけ続ける方がいいです。

 

リーパーは瞬間火力が高いため、盾割りに向いています

そのため、成功率の低い裏取りをするなら盾を敵より先に割り、

正面から制圧した方が崩しやすいです。

 

リーパーが最も得意とする戦い方は、乱戦状態になった近距離戦闘です。

乱戦状況を生み出せれば、リーパーの独壇場になります。

さらに、ウルトが非常に強力なのですが乱戦状態で繰り出されるウルトはより効果的に発揮されます

 

リーパーは機動力が高いため裏取り要員と勘違いされがちですが、

最近はサポート単体でも十分裏取りに対応できますし、

うまい人なら正面で戦いながら裏取りにも対応してくるのでおすすめしません

 

なのでリーパーの機動力は上にいる敵に対応する時と深追いした時の脱出用に使うようにしましょう。

 

感度は高めに設定しておく

 

感度をキャラ別に設定してる人はそう多くないのではないでしょうか?

 

キャラによって得意な戦い方が変わってくるので、

近距離武器と中距離武器を使うキャラの感度が違ってくるのは当然です。

 

リーパーは近距離戦闘が多くなるので敵の動きが相対的に早くなります

その動きに追いつくには感度を全体の設定より少し早めておく必要があります。

逆に中距離武器を使うキャラは細かいエイムが要求されるので感度を遅くしてもいいかもしれません。

 

おすすめは5〜10程度変更することです

この程度なら感度を変えても早く馴染めると思います。

 

常に死ぬ気で戦おう

 

リーパーは意外と死にません

 

なぜなら、敵にダメージを与えると自身を回復するスキルがついているからです。

リーパーは逃走用スキルがあるので、

ちょっと危険になったら即脱出してしまう方がいますが、

それでは回復されて敵ヒーラーにウルトを溜めさせるだけなのでしっかり倒しきるべきです。

 

死なないことは重要ですが、

そこにばかり気を取られてダメージの仕事であるキルを稼ぐということができなければ、

チームが勝つことはありません

 

多少欲張ってもリーパーは復帰が早いですから結果的にプラスになることが多いです。

生きることに必死なあなたは一度、死んでもキルをもぎ取るという意識でプレイしてみてください。

 


今回は、以上です。最後まで読んでいただきありがとうございます!

参考になったら、拡散していただけると助かります!

おすすめ記事

1

強いキャラを知りたい 強いのはこいつらです   始めたての初心者はどのキャラを使っていけばいいのかわからないですよね。 なので、私が個人的に強いと思うキャラをランキングにしました。 なぜそのランクなの ...

2

効果的な漁夫対策を知りたい 強いパーティが必ずやってる漁夫対策を紹介します   Apexなどのバトロワで必ず逃れられないのが漁夫による敗北。 これを攻略出来たら、バトロワの8割は攻略できたよ ...

3

おすすめのゲーミングヘッドセットを知りたい 私のいち押しを紹介します!   Apexなどをやっている全FPSプレイヤーが持っておかなければならないのがヘッドセット。 重要な情報の9割を音から ...

-Overwatch

Copyright© ふもブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.